矯正治療例

交叉咬合(奥歯のかみ合わせが逆転)

ケース1

5歳女性。下あごが横へずれている状態を、取り外し式の拡大プレートを用いて治療しました。奥歯のかみ合わせは改善し、前歯一本分ずれていた上下の正中が、治療後には一致しました。

ケース1

一覧へ戻る

TOPに戻る